ありがとうね、マル

0

    10月4日諫早市の天気予報は晴れ

    夕方から中秋の名月が輝いていました

    穏やかな優しい月の光に見守られながら、

    初代看板犬 柴犬のマルが虹の橋を渡りました

    15才でした

    マリティームと共に育った15年

    彼女がいなければ、

    「ワンちゃんと泊まれる宿」としての私達はありません

     

    亡くなる前には、

    「お世話になった人にちゃん挨拶していきたい」と思ったのか、

    マルがその方達を呼んだとしか思えない不思議な事がありました

    葬儀に行く日は、

    普段予約についての問い合わせが数件あるのに、

    宿の電話は静かなままでした

    大好きだったボールのオモチャ

    オーナーが「パプーは!?マル、パプーはどこね!?」

    その独特な呼び方に笑えました

    天国には、マルが食いしん坊だったので、

    沢山のオヤツと手作りのパンを持たせました

    お花の中には、宿の周りに咲いていた花も添えました

     

    オーナーがマルを抱き、シロとまるこを連れて、いつもの道をお散歩してから出かけました

    その日は雨の日で、移動中、車の中で大雨に降られていましたが

    車から降りる用事がある度、雨が止み、私達はさほど濡れる事無く葬儀場へと辿り着きました

    最後まで私達に気遣いをしてくれたのだと思っています

     

    亡くなって1週間

    皆様にお伝えするのが遅くなりました事、申し訳なく思います

    そして、マル姐さんを愛してくれた事、本当に感謝しています

    遊んで頂いたり、

    撫でて声をかけて頂いたり、

    おやつを頂いて、食べる勢いがすごくて驚かれたり(笑)、

    抱っこして頂いたり・・・

    お客様を通して、いろんなマル姐さんを見る事ができました

    言葉では言い尽くす事ができませんが、

    本当に本当に、ありがとうございました


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.10.17 Tuesday
      • -
      • 15:14
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク


      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      links

      selected entries

      archives

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      PR

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM